アメリカ文化vol.5「How to drive in America?(一般道路編)」

2016年9月29日|海外文化の紹介|

 

アメリカ文化 vol.5「How to drive in Amrica?(一般道路編)」

 

Hi!マネージャーのMihiroです。

今回はアメリカの交通ルール(一般道路編)をお届けします♪

細かな違いはいろいろあるのですが、今回は私が特に驚いた点をご紹介します!

 

 

 

 

1.赤信号でも右折できる?!

Traffic light

アメリカでは、赤信号でも車が来ていなければ右折することができます。(日本で例えると左折ができるわけです。)考えてみると非常に合理的なルールですよね。

 

日本の感覚で停車してると、後ろからクラクション鳴らされちゃいます。気をつけましょう!

※No Turn on Red の標識がある場合には、右折は不可能です。

 

 

 

 

 

2.先に着いた順!信号のない交差点

Stop Sign

信号機の無い交差点では、「STOP」標識の下に「4-WAY」もしくは「ALL WAY STOP」の文字が書かれています。交差点に先に侵入した車から発進できるわけです。

 

 

 

 

 

 

3.左折用のセンターレーン!

 

yellow lane

道路の中央には、左折車専用のセンターレーンがあります。

左折する際、後方車の邪魔にならず安全に曲がれる訳です。こちらも非常に合理的!

 

 

 

 

 

余談ですが、アメリカの道路は標識メインで道路自体にマークが少ないように感じました。

日本は道路に「止まれ」の文字、そして最近は色を使って注意喚起に徹底してますよね。

なのでアメリカでは、標識を意識して運転することが重要だと感じました。

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

まだまだアメリカ文化レポートは続きます♪

次回もぜひ読んでください。

 

 

マネージャー 伊達未紘

 

 

 

 

 

 

 

x
【春季休業期間のお知らせ】3/26(火)-4/6(木)期間内、メール受付は可能ですが、お返事は4月9日以降となります。